黒酢の作り方

三黒の美酢の素材の一つとなっている「黒酢もろみ」。 栄養成分が豊富で、しかも安心安全な黒酢もろみを探し求めて、 ようやく出会ったのが宮崎県綾町にある酢屋さん「大山食品」でした。


玄米を炊く。立ち上る煙りを見ながら引力を調整。 これも経験が成せる技です。

炊きあがったら風を送って冷まします。


玄米を瓶に入れて水と麹を入れたら仕込み完了!

かき混ぜ具合も職人の勘


半年から一年くらい寝かされて黒酢となります。さらに半年ほど貯蔵庫で熟成させてアミノ酸をアップ! 栄養価がぎゅっと搾った濃いエキスが「三黒の美酢」となるのです。

金膜ができたら我が子をお世話するように、一つ一つ毎日、かき混ぜてお手入れします。 金膜は上質な黒酢の証。


綾川湧水郡の伏流水

敷地内には、日本の名水百選に指定されている綾川湧水の伏流水が豊富に湧き出しています。仕込みにはこの水を使用。清らかな水もまた、良い黒酢をつくる条件なのです。


綾川湧水郡の伏流水

仕込みの最後に5円玉を置いて終了。 この5円玉に緑青ができたら完成の合図。 緑青は銅が酸化されてできるので、黒酢ができたら、5円玉に自然に緑青ができるというワケ。 自然の知恵ですね~!