自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

アホエンの効能!驚きのパワーによる健康効果から美容効果まで解説

にんにく

アホエンの効能はご存知でしょうか?

アホエンは、にんにくに含まれる成分の一種で、体に摂り入れることでさまざまな健康効果から美容効果まで得ることができます。

今回の記事では、このアホエンの効能について詳しく解説します。

アホエンとは?

にんにく

アホエンとは、ニンニクに含まれている化合物の1つです。

1984年に発見されて、血小板凝集抑制作用があるとして話題にもなった成分です。
血小板凝集抑制作用とは、血小板が凝集し血栓ができて血管が詰まることを抑制することです。

また、アホエンという名称は、スペイン語のニンニク意味する「ajo(アホ))がその由来となったようです。

にんにくを油溶かし(オイル・マセレート)するとアホエンという物質がつくられ、アホエンオイルやアホエンサプリなどがあります。

アホエンオイルは、オリーブ油を温めてから、ニンニクを入れてその成分を抽出し作るのが一般的です。

アホエンの効能とは?

アホエンは、血小板凝集抑制作用作用があるだけでなく、カラダに摂り入れることでさまざまな健康効果や美容効果を得ることができます。

アホエンは、脳の活力を高め老化防止の効果、中性脂肪の低下、抗菌作用、血流改善、美肌効果、抗がん作用、疲労回復、免疫力アップといったさまざまな効果が期待できます。

アホエンは、吸収効率が良いので健康維持のために使用しやすいのも特徴です。

また、にんにくは、加工法や調理法によって成分に違いが生じるのですが、いずれにしても体に良いとされる健康効果は得ることはできます。

アホエンを摂取することで確認されている効果・効能をまとめると以下のものがあります。

  • ・ガンの発生を防ぐ
  • ・細胞を活性化し免疫力の増加
  • ・抗酸化作用による老化防止
  • ・血糖値を下げる
  • ・悪玉コレステロール値を下げる
  • ・血液をサラサラにする
  • ・気管支炎やぜんそく症状の緩和
  • ・脳細胞の活性化
  • ・殺菌作用が強く大腸菌にも強い
  • ・血管硬化の治療効果
  • ・リンパ器官細胞の増殖効果

 

にんにくの働き

にんにくと女性
アホエンの働きについては説明してきましたが、次ににんにくに含まれるアリシンという成分について説明をします。
にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1と結合しやすい成分です。
ビタミンB1は水に溶けやすく失われやすい成分なのですが、アリシンと結合しアリチアミンとなることで身体へのビタミンB1の吸収効率が上がります。
ビタミンB1は、体内では炭水化物を代謝しエネルギーを作る過程において不可欠な栄養素でもあります。

にんにくのもつ成分アリシンやアホエンには、老化防止、抗菌作用、血流改善、美肌効果、抗がん作用、疲労回復などといったさまざまな効果が期待できます。

アホエンの効果的な摂取方法

アホエンを体に摂り入れたいときは、アホエンオイルかにんにく卵黄などのサプリメントで摂取するのがおすすめです。

アホエンオイルであれば料理にも使えるので、毎日食事を作りながら少量を混ぜるだけで簡単に体へと摂取することができます。

また、オリーブオイルを温めてにんにくをその中に入れ長時間漬け込むことで手作りすることもできます。

料理がめんどうだという方は、1日に決められた量を好きなタイミングでのむことのできるサプリメントが便利です。

アホエン(にんにく)のような健康食材は、1回だけ摂り入れればよいのではなく、毎日継続して摂取し続けることが大切です。

サプリメントを活用すると味に飽きず、匂いも気にせず続けられるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、アホエンの効能について詳しく解説してきました。

アホエンの効果・効能をおさらいすると、

  • ・ガンの発生を防ぐ
  • ・細胞を活性化し免疫力の増加
  • ・抗酸化作用による老化防止
  • ・血糖値を下げる
  • ・悪玉コレステロール値を下げる
  • ・血液をサラサラにする
  • ・気管支炎やぜんそく症状の緩和
  • ・脳細胞の活性化
  • ・殺菌作用が強く大腸菌にも強い
  • ・血管硬化の治療効果
  • ・リンパ器官細胞の増殖効果

 
といった様々な健康効果や美容効果を得ることができます。

若い世代から高齢のかたまで女性にも男性にも幅広く活用できます。日々の生活にアホエンを摂り入れてみてはいかがでしょうか。