自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

美髪・美肌の味方!「ビオチン」とは?効果や副作用は?

ビオチンの食材

女性には欠かせない美髪・美肌。この美髪や美肌に効果のある「ビオチン」という成分は知っていますか?
今回はこのビオチンの効果や副作用について詳しく見ていきます。
ヨーロッパではすでにポピュラーな成分なのでぜひチェックして下さいね。

ビオチンって何?

レバー
ビオチンは「ビタミンH」や「ビタミン7」などとも呼ばれていて、水溶性のビタミンの一種です。アミノ酸やコラーゲンの生成に関わっていて、女性に嬉しい効果がたくさんあります。(この効果については後ほど紹介します。)

ヨーロッパでは、ビオチンサプリメントが認知されていて、多くの女性から支持を受けています。
ビオチンは

  • ・肉類
  • ・魚類

に多く含まれていて、牛レバーに特に多いと言われています。

ビオチンの5つの効果とは?

笑顔の女性
ビオチンには女性に嬉しい効果が5つあります。ここではビオチンの効果について見ていきましょう!

①美肌効果

ビオチンは、アミノ酸の代謝やコラーゲンの生成に関わりのある成分なので、新陳代謝を良くしてコラーゲンの生成に欠かせない成分で、美肌効果があります。
肌の新陳代謝が良くなるということは、ターンオーバーが促進されるので、肌トラブルの改善にも作用します。

②美髪を作る

ビオチンには、代謝に関わっていて、血行不良を改善するので頭皮に十分な栄養が行き渡り、健康な髪と頭皮を維持する効果があります。
髪の毛は年齢とともにコシがなくなっていくので、ビオチンを積極的に摂取して美髪にしましょう!

③白髪の改善

白髪になる原因には、女性のホルモンバランスの乱れが深く関わっています。30歳を過ぎると、ホルモンの分泌量が減っていき、自律神経の乱れも起きやすくなり体が血行不良になってしまいます。

体の血行不良は頭皮にも悪影響があり、頭皮に必要な栄養が行き渡らないため髪にも色がつかず、白髪になってしまいます。
ビオチンには角質層を作るケラチンの補酵素として働く作用があり、髪の毛の栄養補給を助け、白髪を改善する効果があります。

④疲労回復作用

ビオチンには、エネルギー生産を促進する効果があり、体の疲労や筋肉痛の改善に効果を発揮します。
疲れの原因である乳酸を分解する効果もあるので、疲れやすい体をしっかりサポートしてくれます。

⑤花粉症やアトピー症状の緩和

ビオチンには、かゆみや、赤みといった炎症を起こすヒスタミンという物質を体外に排出する効果があります。
そのため、アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギーによる肌トラブル緩和効果が期待出来ます。

ビオチンの1日の摂取量や飲むタイミングは?

水を飲む女性
ここではビオチンの1日の摂取量や飲むタイミングについて見ていきます。

●摂取量

ビオチンの効果をしっかり実感したい場合、1日の摂取量は成人の場合50μgです。この数字自体は意識しなくても、たとえ過剰摂取になっても体の外に排出されてしまうため、なんの問題もありません。

しかし!ビオチンは体内に吸収するまえに悪玉菌に食べられてしまう可能性があるので、ぜひ「ビタミンC」と一緒に摂取することをおすすめします。
ビタミンCにはビオチンの吸収をアップさせる効果があります!

このことからビタミンCとビオチンの両方を効率よく摂取するには、サプリメントがおすすめです。

●タイミング

ビオチンは自分の好きなタイミングで摂取できますが、毎日継続することが大切なので、自分が忘れない時間に飲むように心がけましょう。
特に食後なら飲み忘れを防げるかと思います。

また、ビオチンは水に溶けやすく、一気に摂取すると溶けてしまい、体の外に排出されてしまうので、複数回に分けて摂取したほうがいいでしょう。

ビオチンの副作用は?

ビオチンは体内で生成されているので副作用の心配のない、安心・安全な成分です。そして過剰摂取をしても体外に排出されるので、体への影響もありません。

しかし、サプリメントで摂取する場合1日の摂取量を守らないと、ビオチン以外の成分が過剰摂取となり体に悪影響があり、副作用が起こる場合があります。
本来なら起こらない副作用が起こる可能性があるので、ぜひ摂取量はしっかり守りましょう。

ビオチンの注意点!

止める医者
ビオチンにはぜひ知っておいてもらいたい注意点が3つあります。
ぜひ一度しっかり読んでみて下さい。

①生卵と相性が悪い

ビオチンは腸内から作られるため、欠乏するということはあまりありません。しかし、生卵の卵白との相性が悪く、体内で本来の働きが出来なくなります。

生卵を大量に摂取しなければ問題はありませんが、大量に摂取する場合は欠乏する可能性があるので注意が必要です。

②ミルクの赤ちゃんは欠乏症になることも

少し話はそれてしまいますが、母乳の代わりにミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ビオチン欠乏症になる可能性があると言われています。
ビオチンが欠乏すると

  • ・吐き気
  • ・知覚過敏
  • ・食欲不振
  • ・脱毛

といった症状が現れます。

赤ちゃんはビオチンを作る腸内細菌の量が少なく、粉ミルクにはビオチンが含まれていないためこのようなことが指摘されています。
しかし過度に心配する必要はなく、今では母乳に近い成分で作られているミルクもたくさん有ります。
もし気になる症状があれば、医師と相談してビオチンを補給する場合もあります。

③飲酒や喫煙の週間がある場合効果は感じにくい

アルコールやニコチンの分解に、ビオチンが使用されるので、飲酒や喫煙が週間であるという方は、ビオチンを積極的に摂取しても効果が実感しにくい傾向にあります。

ビオチンを効率よく摂取するならミドリムシサプリメントがおすすめ!

ビオチンには、肌や髪健康維持に効果があることがわかりましたね。ビオチンを効率よく摂取したいならサプリメントがおすすめです。
ビオチンだけではなく、ビオチンの吸収をアップさせる栄養素やその他体に必要な栄養素がしっかり配合されているので、効果もしっかり実感出来ます。

摂取量はしっかり守り毎日継続していきましょう!