自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

ブロッコリースプラウトに秘められた効果とは?【はんなり通信vol.115】

こんにちは!

この前新年が明けたと思えばもう20日…。
2021年もあっという間に終わってしまうのではないかともう心配です( ´Д`)笑

今年の目標は「スカイダイビング」
コロナが落ち着いたらフライアウェイしに行きたいです!

今回のテーマは「ブロッコリースプラウト」
最近テレビなどで話題のブロッコリースプラウトについて調べてみました!
 

ブロッコリースプラウトとは?


スプラウトとは、主に穀類、豆類、野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽した芽と茎を食用とします。
発芽野菜または新芽野菜とも言われ、 スプラウトには生育の仕方によってモヤシなどの「もやし系」とかいわれ大根などの「かいわれ系」があります。

そして今回はブロッコリーが発芽してすぐの新芽、ブロッコリースプラウトについてご紹介していきます。
 

ブロッコリースプラウトの栄養素


ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーよりも栄養価が高く、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの高い抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれます。

さらに注目したいのは、ビタミンUとスルフォラファン
ビタミンUはキャベツの絞り汁から発見されたためキャベジンとも呼ばれ、主に胃腸の粘膜、肝機能の働きを正常に保ちます。

スルフォラファンはファイトケミカルの一種です。抗酸化物質であり、健康にうれしい効果がたくさんあります。
また、ブロッコリースプラウトにはブロッコリーの数倍スルフォラファンが含まれており、デトックスやアンチエイジング効果などが期待できます。
 

ファイトケミカルとは?

植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。

ファイトケミカルは必須栄養素ではないものの、体にとって良い作用をするため、健康を維持するためにはぜひ摂取したい重要な成分であることが明らかになってきています。
 

ブロッコリースプラウトの選び方


年中栽培できるスプラウトは、通年スーパーに出回っています。新鮮なブロッコリースプラウトを見極めるにはどこを確認したら良いのでしょうか?
 

新鮮なブロッコリースプラウトを見極めるポイント

・葉や茎がみずみずしい
・茎がまっすぐ伸びている
・茎の長さが揃っていて、短いものが少ない
・葉の色が濃く、黒い斑点がない
・底のスポンジが濡れている
 

ブロッコリースプラウトの保存方法

新鮮なものでも3日ほど経つと傷んでくるため、できるだけ早めに使いきりましょう。
一度に食べ切らない場合は使う分だけスポンジから取り外し、残りはそのままパックに戻して冷蔵庫で保存してください。

またブロッコリースプラウトは乾燥にとても弱いです。
3日ほどで使いきらない場合は、根元まで水を注いでスポンジを湿らせラップをし、立てた状態で冷蔵庫で保存すると約1週間日持ちします。冷凍保存には向いてないので注意です!
 

ブロッコリースプラウトの食べ方


ブロッコリースプラウトはスプラウトの中でも辛味やクセがなく食べやすいのが特徴です。
さらに加熱せずそのまま生で食べた方が、栄養が損なわれるのを防ぐためおすすめです。
サンドイッチやサラダはもちろん、パスタやうどんにトッピングしても彩りがよくなります。
 

ブロッコリースプラウトを食べて毎日健康に

栄養がたっぷり!ブロッコリースプラウトの魅力は伝わりましたでしょうか?
調理せずとも簡単に使えておすすめです♪
ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。