自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

DHA・EPAで白髪対策ができる|その理由を成分から解説

DHA

DHAとEPAの摂取は健康を維持するのに必要な必須栄養素ですが、実は白髪を治すのにも効果があります。

特に青魚の脂に多く含まれる栄養素でほとんどが体で作れないため、食べ物なので摂取する必要があります。

今回の記事では、なぜDHAとEPAが白髪に効果的なのかについて詳しく解説します。

DHA・EPAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、体内で作ることができないオメガ3系脂肪酸で、その働きは、血液をサラサラにして、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があります。

脂肪酸の合成に関わる酵素の働きを抑えてくれる作用もあり、中性脂肪やアラキドン酸を減少させます。

このような働きが、脳血管障害や虚血性心疾患などの病気の予防などに役立つのです。

DHA・EPAの違い

DHAとEPAの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。

DHA・EPAにはそれぞれ得意とする働きがあり、DHAは脳への働き、EPAは血小板凝集効果を得意としています。

どちらの成分もバラバラに摂取するよりも一緒に摂取することで効果を最大限に発揮することができ、例えば、EPAにより脳血液関門といわれる、脳への入り口を開き、EPAでは通り抜けることができない脳血液関門をDHAが通れるようにすることで、脳神経を活性化させて記憶力の向上などの効果を得ることができるようになります。

DHAにも血小板凝集抑制効果はあるのですが、EPAほど高くありません。

DHA・EPAが白髪に効果的な理由

白髪の女性

現代人は、ダイエットや偏食による栄養不足やストレスによって、若い方でも白髪が目立つ方がいます。

頭皮内部の毛根の膨らんだ部分を毛乳頭(もうにゅうとう)というのですが、毛乳頭に存在する毛母細胞は、栄養や酸素などを受け取って細胞分裂を繰り返しながら髪の毛へと成長します。

この毛母細胞は細胞分裂のスピードが速い分、栄養不足や体調不良、ストレスなどの影響を受けやすくため、毛根に負担になるような行為をすると髪質や色素を変化させてしまうダメージへとつながります。

白髪を防ぐには、丈夫な毛根を作ることが必要なので、毛母細胞の分裂を活発化させる必要があります。

髪にはミネラルが必要で、髪の色素を作るメラノサイトを活性化させるのに鉄・銅・亜鉛・マグネシウム・カルシウム・カリウムなどの栄養素も必要ですが、白髪を治すのに効果のある栄養素はDHA・EPAです。

血流をよくして毛母細胞に栄養を供給するにはDHA・EPAが欠かせません。老化に伴う局所の血流の低下を防ぎ、髪にしっかりと栄養を送ることが白髪対策や抜け毛対策にもなります。

DHA・EPAの1日に必要な摂取量

イワシ

DHA・EPAの1日の摂取量は1,000mgです。

これは厚生労働省が推奨する摂取量で、イワシ1尾分になります。

ただし、DHAやEPAは熱に弱いといった特徴もあるので、生で食べる必要があります。

生で食べるのが抵抗あるような方は、汁物にすることで調理中に落ちてしまった脂も一緒に摂取することができます。

DHA・EPAを摂取すべき人

DHA・EPAは白髪を治すだけでなく体にうれしいさまざまな健康効果があります。

そのため、以下に該当する方は積極的に摂り入れるようにしましょう。

  • 高血圧が気になる方
  • 記憶力の低下を防ぎたい方
  • 物忘れが気になる方
  • 中性脂肪やコレステロールが気になる方
  • 血液をサラサラにしたい方
  • 集中力を高めたい方
  • アレルギーやアトピーが気になる方

DHA・EPAは、心臓病や脳卒中は高血圧や動脈硬化といった大きな病気の原因を予防しながらこのような健康効果などを与えてくれます。

白髪対策でDHA・EPAを効率よく摂取するには

サプリと魚
DHA・EPAは、食品では、マグロや、サンマやサバなどの青魚に多く含まれています。

しかし、毎日の食事でこれらを摂取するのは難しいという方、魚があまり好きではないという方は、サプリメントを活用することがおすすめです。

上質な魚の栄養素を凝縮したサプリメントであれば、毎日の食事から摂取しなくても、同様の効果を得ることができます。

DHA・EPAのサプリメントを選ぶポイントは、

  • 含有量が多いものを選ぶ
  • アスタキサンチンやクリルオイルが配合されているもの
  • 酸化を防ぐビタミンE配合のもの

この3つのポイントを抑えてサプリメントを選ぶようにしましょう。

体内で合成されないDHA・EPAを摂取することは、健康を維持するためにはとても大切なことです。

厚生労働省が推奨する1日の摂取量は1000mgで、カツオのたたきで換算すると、70切分に相当します。

毎日の食事から摂取する量も勘案し、サプリメント1回の摂取で500mg以上は摂取できるものを選ぶようにするとよいです。

また、βカロチンの100倍の若々しさを守る力があるというアスタキサンチンは、油分と一緒に摂取することで吸収力が上がり、クリルオイルもDHA・EPAがすばやく体に吸収する手伝いを行ってくれます。

DHAとEPAは体内に摂り入れると酸化しやすい特徴もあるので、ビタミンEなどの抗酸化作用のある成分も配合されていると更に良いです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、なぜDHAとEPAが白髪に効果的なのかについて詳しく紹介してきました。

白髪を防ぐには、丈夫な毛根を作ることが必要なので、毛母細胞の分裂を活発化させる必要があるのですが、DHA・EPAを摂取することで、老化に伴う局所の血流の低下を防ぎ、髪にしっかりと栄養を送ることができるので白髪対策や抜け毛対策ができます。

現在、白髪が気になっている方、白髪が増えてきたなと感じている方は、積極的にDHA・EPAを摂り入れてみてください。