自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

DHA・EPAの高血圧に対しての効果と効率よく摂取する方法

DHA・EPA

DHAとEPAは高血圧に良いのでしょうか。

DHAとEPAは、人間の体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種です。

このDHAとEPAにはさまざまな健康効果や神経系に働きかける効果があるということで有名になったので、カラダへの効果はわからなくても、ほとんどの方が聞いたことはあるのではないでしょうか。

今回の記事では、DHAとEPAの高血圧に対しての効果について詳しく解説します。

まずは、DHAとEPAについてどのようなものなのか見てみましょう。

DHAとは?

疑問に思う女性
DHAとは、Docosahexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)の略で、必須脂肪酸の一種です。

ヒトの脳や目の網膜、心臓、胎盤や精子、母乳などに多く含まれています。

しかし、重要な栄養素であるにも関わらず、体内で生成することができないので食事などで摂取する必要があります。

DHAは、「ω-3系脂肪酸」主にα-リノレン酸から作られる脂肪酸で、α-リノレン酸は、植物プランクトンに多く含まれているため、これを餌として食べる魚介類はDHAを多く含んでいます。

EPAとは?

EPAは、エイコサペンタエン酸の略で、水産生物に特有な脂質を構成する高度不飽和脂肪酸の一つです。

いわしやさばなどに豊富に含まれており、こちらも体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種です。

DHAとEPAの違い

DHAとEPAの違い
DHAもEPAも、どちらも人間のカラダの中で、ほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種です。

また、どちらも魚の油に多く含まれており、イワシやサバなどの青魚に含まれています。

この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

DHAを摂取すると「頭が良くなる」という話は有名ですよね。これは、1980年代にDHAは脳や網膜などの神経系に多く含まれている栄養素であるということがわかり、テレビや雑誌で話題となったことがきっかけです。

一方EPAはもう少し古い1960年代に発見されました。EPAは、血液の性状を健康に保ちながら血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防したりする効果があるということがわかり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防に良いとされています。

DHAとEPAの高血圧に対しての効果

高血圧に対しての効果
DHAとEPAは似ている点が多く、青魚などから摂取できる成分ではあるのですが、高血圧に対しての効果はEPAにしかありません。

DHAは脳や網膜などの神経系に働きかける栄養素ではあるのですが、血液をサラサラにしたり、健康な状態にするといった成分ではありません。

実際に行われた研究結果では、EPAを摂取したときは、EPAが赤血球の膜に取り込まれることで赤血球が柔らかくなり、血液粘度も低下し血液がサラサラになることが確認されています。

そのため、EPAを積極的にカラダに摂り入れることで高血圧を解消することができます。

DHAを摂取したときは赤血球の膜に取りこまれるようなことはほとんどなく、血液粘度の改善は認められなかったようです。

ですが、DHAもEPAもヒトのカラダにとってはとても大切な栄養素なので、どちらもバランスよく摂取することが大切です。

DHA・EPAを効率よく摂取するには?

効率よく摂取
日々の生活の中でDHAとEPAをカラダに摂り入れるということになると青魚の栄養素が欠かせなくなります。

毎日の食卓で青魚を摂るということになると、とても大変なので、DHAとEPAがたっぷりと詰まったサプリメントがおすすめです。

また、抗酸化作用のある成分のアスタキサンチンやクリルオイル、ビタミンEが配合されているものを選ぶようにすることで、健康維持にプラスして若々しさも維持することができるようになります。

ライフスタイルの変化から、どの世代でも魚離れが進んでいるのですが、青魚に多く含まれる良質なオメガ3脂肪酸のDHAとEPAをサプリで手軽に補うことができます。

DHAとEPAは、元気な毎日を過ごしたい方に必要不可欠な成分。

DHAを摂取することで、記憶力や集中力、学習能力などを活性化させてくれるので、年齢からくる思考のダメージの改善も期待ができ、EPAを摂取することで体の巡りをサラサラにして、柔軟に整えてくれる作用があるので、高血圧を改善するだけでなく、生活習慣がもたらす不調の改善も期待ができます。

DHAとEPAは一緒に摂ることが効果的といわれているので、どちらの成分もバランスよく配合されたサプリメントを選ぶようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

DHAとEPAの高血圧に対しての効果について紹介してきました。

DHAを摂取することで、直接高血圧に対して働きかけるものではありませんが、高血圧を改善してくれるEPAと一緒に摂取することで効果が高まることが明らかになっています。

毎日の食卓でDHAとEPAを効率よく摂取するのはむずかしいので、サプリメントを活用して摂り入れるようにしてください。