自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

葉酸の過剰摂取は危険!?1日の摂取量と適切な飲み方を解説

葉酸サプリ

葉酸の過剰摂取に問題はないのでしょうか?

葉酸といえば、胎児の先天性障害を減らす効果があるとされ、厚生労働省では妊娠の可能性のある女性には積極的に摂取するように呼びかけていますよね。海外では食品への添加を義務付けている国まであるそうです。

今回の記事では、葉酸の効果から過剰摂取の問題性について解説していきます。

葉酸の摂取による効果とは?

葉酸は、ビタミンB群の一種で、正常な赤血球や細胞をつくる働きのある栄養素の一つです。

造血のビタミンとも呼ばれ、妊娠に欠かせない栄養素としても有名です。

妊娠の初期段階の状態で葉酸が不足すると、二分脊椎症無脳症神経管閉鎖障害など、胎児の先天性異常の危険性が高まることでも知られ、妊活に役立つことから産婦人科では医師から摂取を推奨されることも多いようです。

また、胎児だけでなく、妊婦自身の貧血予防などにもなる栄養素なので妊娠を意識したときから積極的に摂り始めることが大切です。

葉酸の多くは野菜に含まれているのですが、調理中の熱に弱く体内への吸収率も低いため、葉酸サプリでの摂取が一般的です。

他にも葉酸には、妊活以外でも女性うれしい様々な効果があります。

  • ・冷え性や生理痛の改善
  • ・更年期障害の緩和
  • ・ダイエット効果

具体的にどのような効果なのか見ていきましょう。

冷え性や生理痛の改善

生理痛女性
葉酸には造血作用があるため、血行を促進し女性の悩みでもある冷え性やPMS(生理前症候群)を和らげる効果が期待できます。

更年期障害の緩和

葉酸は、ビタミンB群の一種です。

ビタミンには、女性ホルモンを生成する働きがあるので、葉酸を摂取することでホルモンバランスを正常な状態へと導いてくれます

女性ホルモンのバランスを整えることで、更年期障害などの症状緩和に役立ちます。

ダイエット効果

葉酸には、新陳代謝を活性化させる効果もあります。

その為、ダイエット中に積極的に摂り入れることで、体の代謝が上がりダイエット効果を高めてくれます。

また、造血作用があるので、ダイエット中のめまいや頭痛などのストレス症状を緩和させてくれます。

葉酸の過剰摂取は体に悪い?

野菜葉酸
葉酸の摂取は、胎児への障害などを減らす効果があるのはわかりましたが、過剰摂取による副作用などはないのでしょうか?

葉酸は1940年代にホウレンソウから発見されたビタミンB群の一種で、細胞増殖や臓器形成に不可欠で、特に妊娠初期に不足すると胎児の神経組織が正常に発達しないことがある言われています。

米国では1998年、穀物などへの葉酸の添加を事実上義務付け、同障害の患者が減少、当時の厚生省では、2000年に、妊娠可能な年齢の女性に葉酸摂取を促すよう都道府県に通知したことでも知られています。しかし、過剰摂取することで、発熱やかゆみの症状が出るといった報告があるようです。

その為、厚生労働省の食事摂取基準2015年版では、18歳以上の葉酸摂取の推奨量を1日240マイクログラム、妊婦の場合は2倍の1日480マイクログラムと設定しました。

とはいえ、同省研究班が妊婦を対象に行った研究によると、食事からの葉酸摂取量を調べた結果、1日300マイクログラム前後にとどまり、食事だけで十分量に摂り入れることは、非常に困難であることがわかりました。食事による、葉酸の過剰摂取はかなりレアなケースであると考えられます。

また、葉酸サプリメントによる副作用の報告は、1970年のランセットにあるようで、14人の健康な被験者に1日15mgの葉酸(日本の一日所要量の50倍近く)を投与する実験を行ったところ、被験者の方々に消化器症状や不眠など症状が現われたようです。しかし、同じ量を1年間投与した別の研究では、副作用は現れなかったことから、副作用が本当に葉酸によるものなのか、別の成分などが原因なのではないかと言われています。

ただし、例外として高齢者の方が葉酸を摂り過ぎると、ビタミンB12欠乏が診断しにくくなり神経障害を悪化させてしまう恐れがあると言われています。ただこの場合においても、一日の摂取量を守れば全く問題がないとされています。

葉酸は過剰摂取になりにくい

葉酸は、熱に弱いため、調理でその栄養素の50%近くが失われてしまいます。

その為、積極的に摂り入れていこうと考えても過剰摂取になることはほとんどありません。

厚生労働省の食事摂取基準2015年版を参考にすると、18歳以上の葉酸摂取の推奨量を1日240マイクログラム、妊婦の場合は2倍の1日480マイクログラムを守りながら、上手に葉酸を日常生活に取り入れていくことが大切とされていますが、前述を踏まえるとサプリメントを活用することが効率的です。

サプリメントであれば摂取量も正確に把握することができ、調理して栄養素が半減してしまうこともありません。

妊活をはじめ女性の様々な悩みに役立つ葉酸サプリ、始めてみてはいかがでしょうか。

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。