自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

体を温める食べ物とは?冷えにくい体にするポイントについて解説

体を温める食べ物と言えば何を思い浮かべますか?

冷え性などでお悩みの方は、外側から温めるよりも、体内に摂り入れる食事や飲み物が非常に重要です。

しかし、温かい食べ物でも性質的に体を冷やしてしまうような食べ物もあるので注意が必要です。

そこで今回に記事では、体を温める食べ物について解説していきます。

体を温める食べ物とは

食べ物たち
食べ物を体内に取り込むとアドレナリンが分泌されて体温が上昇します。

これを「食物誘発性体熱産生(DIT)」といい、食べ物が消化されるときにも熱により体温が上がります。

DITは、脂肪を燃焼するための熱なのですが、摂取することで身体を温めやすくする食材や食品があります。

漢方の世界では、体を温めやすい食品を「陽性食品」といい、逆に体を冷やしてしまうような食品を「陰性食品」と呼んでいます。

体を温める食べ物
野菜類にんにく、たまねぎ、にんじん、ニラ、ねぎ、しそ、自然薯、梅干、かぼちゃ、ピーマン、山椒、生姜、加熱した大根
穀類麹、もち米、酒の粕
果実類りんご、干しぶどう、桃、さくらんぼ、きんかん、栗、竜眼、くるみ、松の実、レイシ、ピーナッツ
肉、乳、卵類羊肉、羊乳、鶏肉、牛肉、チーズ
魚介類うなぎ、ふな、あじ、いわし、ふぐ、えび、くらげ、きびなご、なまこ、白身魚
調味料胡椒、とうがらし、からし、カレー粉、酒、黒砂糖、水あめ、味噌、醤油、黒酢、ごま油
嗜好品ココア、はぶ茶、クコ茶、よもぎ茶

体を温める食べ物にはこのようなモノがあり、体を芯から温めたいときにこれらの食材を選ぶようにすると良いです。

特に、寒い季節で鍋をするようなときに参考にし、冷えて緊張した体を緩ませ、血流も良くし、リラックスして疲れを解消させてください。

逆に、体を冷やしてしまう食べ物

体を温める食べ物がわかっても、寒いときに食べたり飲んだりすると体を冷やしてしまう食べ物を食べてしまうと意味がありません。

体を冷やす食べ物
野菜類ほうれん草、大根、くわい、きゅうり、はす、トマト、なす、もやし、春菊、高菜、たけのこ、アスパラ、とうがん、セロリ、レタス、せり、ゴーヤ
穀類小麦、小麦粉、くず粉、はとむぎ、そば、緑豆
果実類スイカ、メロン、レモン、キウイ、バナナ、梨、柿、みかん、ザボン、パイナップル、プルーン
肉、乳、卵類牛乳、バター
魚介類あさり、かき、しじみ、はまぐり、あわび、カニ、タコ、クラゲ、エスカルゴ
海藻類昆布、のり、わかめ、ひじき
嗜好品日本茶(緑茶)、中国茶、アイスクリーム、冷たい飲み物(サイダー、コーラ、氷、ビールなど)

体を冷やす食べ物にはこのようなモノがあります。

普段私たちが何気なく口にする食事でも、これらの食材が入っていることで身体を冷やしてしまうことがあるので、特に冷え性の方は注意するようにしましょう。

体を温める・冷やす食べ物の見分け方

例外ももちろんありますが、体を温める・冷やす食べ物には見分け方があります。

  • ・育つ環境の違い
  • ・発酵食品かどうか
  • ・色や形などで見分ける

具体的にどのようなことなのか詳しく見ていきましょう。

育つ環境の違い

寒い場所で育った果物や野菜か、温かい場所で育った果物や野菜かによってある程度の見分けをつけることが可能です。

寒い場所で育った食べ物は、体に熱を吸収させるように育つものが多く、逆に温かい場所で育った食べ物は体の熱を下げるように育つ物が多いです。

また、地中で育つ食べ物は体を温め地上で育つような食べ物は体を冷やす特徴があります。

発酵食品かどうか

発酵食品
発酵食品には酵素が多く含まれているため、体の代謝を促し、体を温める効果があります。

そのため、味噌醤油チーズなどは体を温めてくれる食品と言えます。

色や形などで見分ける

食べ物の色でもある程度見分けることができます。

例を挙げると、オレンジや黄色の野菜や果物は体を温める効果が期待でき、白・緑・紫の食べ物は体を冷やしてしまいます。

他にも形で見分けるような場合は、小さくて丸い物は体を温め大きい食材は体を冷やすといった違いがあります。

必ずしもこれに当てはまるわけではありませんが、多くの食材がこれに当てはまります。

体の冷えを悪化させない為には?

冷え性で悩んでいる方は、体の冷えを悪化させる食生活に注意しましょう。

朝ごはんを抜くと体の体温が上がらずに低体温になったり、インスタント食品などを多く食べるような偏食は、栄養バランスが乱れてたんぱく質やミネラル、ビタミン不足になり冷えを悪化させたりします。

偏食は、貧血になりがちになり、ヘモグロビンが不足してしまうと、栄養素や酸素を体中に運ぶことができなくなってしまうので、冷えの原因となってしまいます。

体を温める食べ物を積極的に摂り入れよう

いかがでしたか?

今回は、体を温める食べ物について解説しました。

体を温める食べ物はこのようにたくさんありますが、逆に体を冷やしてしまう食べ物もたくさんあります。

せっかく温まる食べ物を摂取しても冷やす食べ物と一緒に体内に摂り入れては効果が半減してしまいます。冷えを強く感じている時には、注意しながら摂り入れるようにしてみてくださいね。

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。