自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

話題の生姜麹は普通よりも体がポカポカに!効果や作り方などご紹介

麹

雑誌やメディアで話題になっている「生姜麹」を知っていますか?

実は普通の生姜よりも高い効果が期待できると、女性の間で人気になってきています。

そこで今回はこの生姜麹の効果について紹介していきます!生姜麹を毎日の生活に取り入れてみましょう。

生姜麹って何?

生姜
生姜麹とはその名の通り、生姜を麴菌で発酵させたもので、生姜本来の持つ体を温める効果がパワーアップすると言われています。

実はこの効果は、実験でも立証されていて、冷え性のある女性に水に手を20分つけてもらい、普通の生姜と生姜麹を摂取してもらいました。

そうすると、生姜麹を摂取したほうが、体温が上がっているという結果になったと報告があります。

また、中指の血管の幅を継続的に測定すると、生姜麹を摂取したほうが血管の幅の拡張が確認できたというデータもあるようです。

生姜よりも効果が高い?生姜麹の効果をチェック!

考える女性
生姜麹を試してみたい・・と感じた方のために、生姜麹の効果をさらに紹介していきたいと思います。

①血管拡張効果

生姜麹は、通常の生姜よりも生姜本来の有効成分がアップすることがわかっています。そのため生姜が持つ血管拡張効果も高くなり血流が良くなります。そのため、体がポカポカと温めるのを実感することが出来ます。
さらに血流が良くなるということは、肌の血流もよくなり美肌に効果も期待できます!

②脂肪蓄積抑制効果

生姜には、脂肪分解成分が配合されていますが、麹をプラスすることでさらにその効果が高まります。

普通の生姜を食べさせたマウスと、生姜麹を食べさせたマウスを比較したところ、生姜麹を食べたマウスのほうが脂肪組織が減少していることが判明しました!
生姜麹は脂肪燃焼、脂肪の蓄積を予防する効果に優れています。

③免疫力アップ

生姜が体を温める効果は、体の深部体温も上げてくれるので、体の芯から温まることが出来ます。深部体温が1℃下がると、免疫力はなんと37%も下がってしまいます。

しかし、深部体温を1℃上げることが出来れば、免疫力は60%アップするので、風邪や病気の予防になります。

④抗酸化作用

生姜は漢方薬でも使用されているほど、様々な効果が認められています。

その中でも抗酸化作用が注目されています。私たちの体は紫外線やストレスなど、日々活性酸素が発生する要因がたくさんあります。活性酸素は、血管の老化かシミやシワの原因になり肌や体の老化の原因になり様々な病気を引き起こします。生姜には抗酸化作用があるので活性酸素を除去して、体を老化から守ってくれます。

③お肉を柔らかくする、美味しくする

少し、話はそれてしまいますが、生姜麹にはお肉を柔らかくする効果があります。さらにお肉に振りかけることでうまみ成分がアップして、お肉が美味しく感じられます。

生姜麹は自分で作れる?生姜麹の作り方!

キッチンの女性
塩麹が自分で作れるように、生姜麹も作ることが出来ます。
用意するものは
・生姜150g
・塩 70g
・麹 200g
・水 330cc
です。

1.生姜をすりおろします。このときなるべく繊維を入れないで下さい。
2.麹をボールにいれてほぐします。
3.ほぐしたボールに麹と塩と生姜を入れます。
4.水を入れて混ぜて、ラップをかけて完成です!

これを常温で1週間おいて出来上がりで、1日1回必ずかき混ぜます。ラップが膨らんだら空気を抜いて下さいね。

以上が生姜麹の作り方です。発酵するまで待ったりかき混ぜるのが面倒に感じることもあるかもしれません。

しかし、一度作り置きしておくととても便利ですよ。

生姜麹はサプリメントで効率よく摂取!冷えから体を守り健康に!

生姜麹は自分で作ってもいいですが、長続きする自信のない人はサプリメントでも十分効果が見込めます。

サプリメントのメリットとしては、生姜麹以外にも肌や健康にいい成分が多く含まれている場合が多いところです。

病気知らずな体になるためにも、自分にあった方法で生姜麹習慣を作ってみませんか?

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。