自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

生姜の食べ過ぎは体に良くない?1日の摂取量と副作用について解説

生姜の食べ過ぎは体に良くないのでしょうか?

適量であれば様々な健康効果が得られるとして人気のある食材の「生姜」ですが、実は大量に体に摂取することで副作用もあります。

今回の記事では、生姜の1日の摂取量の目安から生姜の食べ過ぎによる副作用について解説します。

生姜の食べ過ぎによる副作用

生姜には、ビタミンB6やカリウム、マグネシウム、マンガンなどの栄養素が豊富に含まれているため、さまざまな健康効果がある優秀な食材として知られています。

しかし、いくら体に良いとは言っても生姜を食べ過ぎることによる過剰摂取によって副作用が起こってしまうことがあります。

生姜の食べ過ぎによる副作用には、以下のものがあります。

  • 下痢・腹痛
  • 動悸
  • 胸焼け


下痢・腹痛

生姜は少量であれば特に問題はありませんが、過剰に摂取することで、胃や腸を刺激してしまいお腹を壊してしまうことがあります。

そのため、腹痛を起こしたり、下痢の症状が現われたりすることがあるので注意が必要です。

もともと胃腸が弱いような方は、過剰摂取は控えるようにしましょう。

動悸

生姜の辛味成分であるジンゲロールには、血管を拡張し血行の流れを改善させる効果や手先や足先の末端部分を温める作用などがあるのですが、過剰摂取することでこの辛み成分であるジンゲロールにより、人によっては動悸などの症状が現われることがあります。

生姜を摂取して動悸や痒みなど何かしらのアレルギー反応などが生じるような場合は、医師に相談するようにして下さい。

胸焼け

生姜の過剰摂取は、胸焼けを起こすことがあります。

生姜の辛味成分であるジンゲロールは刺激が強いため、過剰摂取によって食道を刺激してしまうと吐き気を催したり、胸焼けを発生させてしまいます。

また、口や喉に痛みがある方、十二指腸潰瘍などを発症している方は、摂取を控えるようにして下さい。

妊娠中の方は生姜の摂取に注意が必要

妊娠している女性
生姜には、食欲を増進させる効果があり、つわりなどにも良いとされていますが、乾燥した生姜には注意が必要です。

一度蒸してから乾燥させたショウガを「カンキョウ(乾姜)」と呼ぶのですが、加熱処理したり乾燥させたりすることによって、ジンゲロールはショウガオールへと化学変化します。

ショウガオールは、殺菌作用が強く、食中毒を予防したり、発ガン物質が遺伝子に及ぼす影響を抑える効果があったりと体にうれしい効果があるのですが、乾燥生姜は、お腹の赤ちゃんに対して悪影響を及ぼす可能性があるともされています。

適量などでは特に問題はありませんが、過剰摂取だけは避けるようにし、心配な方は医師に相談した上で摂取するようにして下さい。

生姜の1日の摂取量(目安)

生姜には、ビタミンB6やカリウム、マグネシウムなどの栄養素が豊富で、さまざまな健康効果を得ることができる食材のため、積極に体に摂り入れたいものでもあります。

しかし、過剰摂取は、上でも説明したように副作用を発症させてしまう危険性もあるので注意が必要です。

生姜の1日の適量の目安としては、約5~10gほどが適量とされています。

すりおろした生姜などを使うような場合は、小さじ1杯、生の状態でスライス生姜を使うような場合は6枚ほどが5gほどです。

この量を守って摂取すれば、特に副作用などの心配はないと言えます。

生姜の上手な摂取方法

生姜
1日の摂取量の目安がわかったところで、どのように摂取すれば効果が高まるのでしょうか。

生姜で免疫力を高める

生姜により免疫力を高めるには、食べる直前に生の生姜をすりおろして摂取するのがおすすめです。

生の生姜には、ジンゲロールがたっぷりと含まれているため、体に摂取することで効果的に免疫力を高めてくれます。

食べる直前にすりおろす理由としては、ジンゲロールはとても酸化しやすいので、長時間空気に触れてしまうと効能が低下してしまうことが挙げられます。

生姜で冷え性の改善

生姜は、加熱し乾燥させることでジンゲロールからショウガオールへと化学変化します。

このショウガオールは、身体を温める効果が高いので、女性特有の悩みの1つでもある冷え性の改善に役立ちます。

生姜湯としてそのまま飲むのも良いですし、料理に使っても良いです。

ショウガオールの力で体をしっかりと温めてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、生姜の1日の摂取量の目安から生姜の食べ過ぎによる副作用について紹介してきました。

生姜を過剰に摂り過ぎてしまうと、下痢・腹痛、動悸、胸焼けなどの症状を起こしてしまうことがあります。

また、乾燥生姜の成分でもあるショウガオールは、殺菌作用が強く、食中毒を予防したり、発ガン物質が遺伝子に及ぼす影響を抑える効果があったりと体にうれしい効果はあるのですが、お腹の赤ちゃんに対して悪影響を及ぼす可能性があるとも言われているので、妊娠中の方はできるだけ摂取を控えるようにするか医師に相談することが大切です。

生姜を上手に摂取すれば、さまざまな健康効果を得ることができるのですが、食べ過ぎによる過剰摂取にはこのような副作用があるということも覚えておきましょう。