自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

イソフラボンが薄毛や抜け毛に効果的|その理由について解説

大豆

イソフラボンが薄毛や抜け毛に効果的なのはご存知でしょうか?

薄毛や抜け毛は男性だけでなく女性も気にされている方が多い問題で、将来に不安を感じている方が多いのも事実です。

そんな薄毛や抜け毛に効果的なイソフラボンは大豆などに多く含まれている成分です。

今回の記事では、なぜイソフラボンが薄毛や抜け毛に効果的なのかについて詳しく解説します。

イソフラボンとは

イソフラボンは大豆などに多く含まれている成分で、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることで知られています。

大豆の胚軸部分に多く含まれる抗酸化物質の一種で、細胞にダメージを与える活性酵素の働きを抑える効果のある優れものです。

大豆イソフラボンは、女性に優しい栄養素で卵胞ホルモンと似た働きをするので、体内へ摂り入れることで女性の美しさや若々しさを手助けしてくれます。

加齢とともにエストロゲンの分泌量は減少するのですが、これを機に、女性は「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。

このような症状に対してイソフラボンは効果的で、更年期障害の予防・対策として用いられています。

そんなイソフラボンですが女性だけでなく男性にもうれしい、薄毛や抜け毛にも効果的なのです。

薄毛や抜け毛が発生する理由

抜け落ちた髪の毛

女性と男性では、薄毛や抜け毛になる原因は異なります。

女性は産後のホルモンバランスの変化や年齢と共に女性ホルモンが減少して男性ホルモンの働きが活発になることで抜け毛や薄毛になるのに対して、男性はAGA(男性型脱毛症)により髪が細くなり薄毛や抜け毛になります。

AGAは早い方で20代から症状が現れます。

男性ホルモンと薄毛に関係する主な物質が、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンで、このテストステロンは筋肉や闘争本能の促進、体力や精神、心身ともに健康を維持するのに必要なホルモンです。

男性に限らず、女性にもあるホルモンで、テストステロンが毛乳頭にあるリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロンというより強力な男性ホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンは、髪が作られる毛母細胞の働きを鈍らせてしまい、髪が細くなったり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が発生したりしてしまうのです。

イソフラボンの力で薄毛・抜け毛を予防

イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあることは上でも説明しましたが、薄毛や抜け毛の原因となるテストステロンとリダクターゼが結合するのを抑制する働きもあります。

イソフラボンを体内へ摂りいれればすぐに薄毛や抜け毛を改善できるというものではありませんが、継続的にイソフラボンを摂取することで、薄毛や抜け毛を予防することができます

更に、イソフラボンを摂取することで身体の新陳代謝を促進させるので肌の調子を整えたり、骨を丈夫にしたり、自律神経を安定させるといった働きもあります。

イソフラボンが多く含まれる食品

イソフラボンを含む食べ物

イソフラボンは大豆や大豆製品などの多く含まれているので手軽に摂取することができるのですが、外食中心の偏った食生活では不足しがちになります。

イソフラボンを手軽に摂取できる食材には以下のものがあります。

  • 納豆
  • 大豆飲料
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • 大豆煮
  • きな粉
  • みそ

薄毛や抜け毛が気になるような方は、1日に最低でも50~80mgは積極的に取り入れるようにしましょう。

納豆だと大体1パック、大豆飲料では125ml、豆腐だと110gほどです。

イソフラボンの過剰摂取には注意

イソフラボンは多めに摂取したとしても体外に排出されます。

しかし、1日に10gなどといった過剰摂取は控えるようにしてください

イソフラボンは天然の化合物ではありますが、摂りすぎは体に良くありません。

大豆イソフラボンの主成分は植物性女性ホルモンなので、中高年以上の男性には前立腺がんの予防効果があるかもしれませんが、若い男性に対しては精子形成能力、受精能力に影響する可能性も否定できないからです。

イソフラボンを安全に摂取するには

イソフラボンを安全に、そして効率よく摂取するにはサプリメントがおすすめです。

サプリメントであれば含有量の記載があるので摂りすぎてしまう心配がありません。

また、サプリメントを選ぶ際は、イソフラボンだけではなく、生姜や黒酢、シナモン、ビタミンEといった健康成分と美容成分が一緒に摂取できるものを選ぶと良いです。

これらの身体に良い成分が薄毛や抜け毛を防ぎながら、身体の内側からしっかりと健康をサポートしてくれます。

薄毛や抜け毛によいイソフラボンだけでなく、多くの女性が悩んでいる冷えと相性の良い生姜、巡りをサポートする黒酢、リラックス成分のシナモン、アンチエイジングが期待できるビタミンEの成分が体にしっかりと働きかけてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、なぜイソフラボンが薄毛や抜け毛に効果的なのかについて詳しく紹介してきました。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、身体に摂り入れることで更年期障害などの症状を緩和させるだけでなく、薄毛や抜け毛の原因となるテストステロンとリダクターゼが結合するのを抑制する働きがあります。

将来的に薄毛が気になるような方は、日々の生活にイソフラボンを摂り入れてみてはいかがでしょうか。