自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

乳酸菌に副作用やデメリットはある?安全性について詳しく解説

牛乳

乳酸菌に副作用やデメリットがないのかと疑問に思ったことはないでしょうか?

お腹の調子を整えてくれる乳酸菌はとても優れた善玉菌として有名ですよね。健康のために積極的に摂取している方は多いようです。

ただ、これから乳酸菌を習慣的に摂り入れようと思っている方は副作用について疑問に思うのではないでしょうか?

そこで今回は、乳酸菌に副作用やデメリットはあるのかについて解説していきます。

乳酸菌に副作用はある?

乳酸菌
結論から言うと、乳酸菌に目立った副作用はありません

乳酸菌は体にとても優しい成分なので安心して摂取することができます。

乳酸菌は、私たち人間の腸内にもともと生息している善玉菌で、身体に有用な働きをする菌なので特に目立ったような副作用は無いようです。

しかし、乳酸菌の多くは酸に弱いため、胃酸や胆汁酸で死滅してしまうので生きて腸まで届く菌はそれほど多く存在しません。

また、腸内フローラには、100兆個以上の細菌が生息しているので、腸内バランスを変えるには摂取し続けることが大切です。

乳酸菌を摂取しようと思う方のほとんどが、腸内環境の改善を目的としてはじめますが、飲んですぐに効果が実感できるわけではありません。

もともと腸内で悪玉菌が増殖してしまっているような場合は、しばらくの間は便秘が改善されないので、乳酸菌を摂取することで便秘になってしまったと勘違いしてしまうこともあります

また、乳酸菌を摂取することで一時的に軟便が続いたり下痢になったりすることがありますが、これは副作用ではなく、腸が元気になり活性化しはじめている証拠と考えることもできます。

悪玉菌が作り出したスカトールやインドール、アンモニアなどの腐敗物質、余分な水分を排出している状態です。

乳酸菌が増えすぎても安全

親指立てる女性
副作用を心配する方で、腸内で乳酸菌が生成する乳酸の量が増えすぎてしまい下痢を引き起こすのではないかと考えている方もいるようです。

しかし、乳酸菌は生きて腸まで届きにくいのと、例え届いたとしても活動できる時期はあまり長くない為、例え大量の乳酸菌を摂取したとしてもそれが原因で健康被害を及ぼすような下痢になることはないと考えられます。

乳製品・大豆アレルギーの方は注意

乳酸菌に目立った副作用はないと言っても、食物アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

乳酸菌の種類によっては、乳製品や大豆を原料にしているものがあります。

そのため、牛乳アレルギーを持つ方が、牛乳から作られたヨーグルトなどを食べると副作用として現れることがあります。

サプリメントタイプの乳酸菌でも同じことが言えるので、食物アレルギーをお持ちの方は、配合されている成分をしっかりと確認した上で購入するようにして下さい。

乳酸菌 摂取のデメリット

乳酸菌を摂取することで目立った副作用はないものの、いくつかのデメリットは存在します。

  • ・乳酸菌に即効性はない
  • ・定着が難しいので毎日摂り続ける必要がある
  • ・時間の経過で菌が死滅する
  • ・乳酸菌の多くは酸に弱い
  • ・継続して摂取するには費用がかかる

乳酸菌に即効性はない

ヨーグルトやサプリメントなどの乳酸菌を含む食品は医薬品ではないので、即効性の期待はできません

また、腸内フローラのバランスを変えるまでには一定の期間が必要となります。

腸内に存在する善玉菌のビフィズス菌などを活性化して増殖させるためには、ある程度の期間、乳酸菌を摂り続ける必要があります。

定着が難しいので毎日摂り続ける必要がある

乳酸菌は生きて腸まで辿り着いたとしても長時間とどまることができません。

ほとんどの乳酸菌は、数時間から数日で便として排出されてしまうため、習慣的に乳酸菌を摂り続ける必要があります。

腸の調子が良くなってきたからといっても短期間で摂取するのをやめてしまうと腸内フローラの状態はすぐに元の状態に戻ってしまうので注意が必要です。

時間の経過で菌が死滅する

菌死滅
乳酸菌が時間の経過で減ってしまうのは、身体に摂取した場合だけではありません。

乳酸菌は1週間ほどで乳酸菌の量が半分にまで減少してしまうと言われています。

中には、耐性を持つ菌などで作られたヨーグルトなどもあります。

乳酸菌の多くは酸に弱い

全ての乳酸菌が酸に弱いということはありませんが、多くの動物性乳酸菌は酸に弱いという欠点があるため、身体に摂取しても胃酸で死滅してしまいます。

逆に、酸に強い性質をもつ乳酸菌もあるので、生きたまま腸に届けるにはそういった乳酸菌を摂取するのが好ましいとされています。

継続して摂取するには費用がかかる

腸内フローラを正常化させて腸の状態を改善させるには、腸まで届ける乳酸菌などのヨーグルトを毎日継続して摂取しないといけない為、費用がかかります。

そのため、継続して乳酸菌を摂り続けるのであれば、サプリメントでの摂取が費用を抑えることができるのでおすすめです。

脂質や糖分を過剰に摂らない為にもサプリが良い

いかがでしたか?

今回は、乳酸菌に副作用やデメリットはあるのか解説しました。

乳酸菌を摂取しようと毎日ヨーグルトを食べ続けると場合によっては、費用もかかり脂質や糖分を摂り過ぎてしまうことがあります。

その為、腸内フローラ改善を目的として長期間の乳酸菌を摂取する場合にはサプリメントが便利です。

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。