自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。

マカの効能とは?効果的な摂取方法と副作用をあわせて紹介

マカ

マカと聞くと男性向けの滋養強壮のイメージが一般的には強いですが、マカは男性向けの滋養強壮以外にも非常に高い栄養価を持ち、その効果も期待できることから男性
だけではなく女性にもおすすめの食材になっています。

今回は、マカの成分や栄養、効果、効果的な摂取方法や副作用についてご紹介します。

マカとは

マカ

マカって、そもそもどんなものか、ご存じでしょうか。

よく粉末のものが写真になって紹介されていますが、本来はカブなどと同じアブラナ科の
植物で、その根っこが使われています。

マカは、ペルーが原産の多年草植物で、その根っこをすりつぶして乾燥させたものが粉末と
なって出回ります。

古くから、ペルーでは滋養強壮のために役立つと言われ、あるときは食材として、またある
時は漢方として用いられてきました。

マカを粉末にすると、黒や濃く深い紫、赤、黄色のどれかに見え、特に紫や黒に近い色の
ものは、アントシアニンという成分を多く含むと言われています。

マカの高い栄養価

マカは、とても高い栄養価があると言われ、別名「アンデスの女王」とも呼ばれるほど、
古くから親しまれてきました。

もともと、根っこは植物が栄養を蓄える部分ですから、マカの高い栄養価が期待できるの
は想像がつきますよね。

滋養強壮の効果そのものには、諸説あるようですが、宇宙食の原料に用いられる点を考え
ると、その効果は期待できそうですね。

マカを育てた畑は、連作できないほど土が痩せるといいます。

そのため、翌年に同じ畑で栽培することはできません。それほど、マカは土の養分をしっ
かりと吸収し、蓄えていると言われています。

マカに含まれる成分

マカには、様々な成分が含まれています。たとえば、アルギニン

アルギニンは、マカの特徴的な成分でもあります。体内で合成できるアミノ酸の一種です
が、体内での合成で足りない部分を補うことができます。

アルギニンは、男性の精力増強、成長ホルモンの分泌促進、血行促進、免疫力アップ、美
肌、ホルモンバランスを整える、アンモニアの解毒等、様々な効果が期待できると言われ
ています。

特に、クエン酸やビタミンB6と一緒に摂取すると良いのだとか。

アルギニンの他には、アントシアニンも有名です。

アントシアニンは抗酸化物質で、炎症を和らげる効果があり、がんや心臓病、さまざま
な慢性疾患を防ぐ効果があることで知られています。

その他の、マカに含まれる成分もまとめて見てみましょう。

  • ビタミンC(免疫力を高める)
  • 銅(赤血球つくりに役立つ)
  • 鉄(身体に酸素を運ぶ)
  • カルシウム(骨をつくる)
  • カリウム(心臓の健康に役立つ)
  • ビタミンB6(脳内の神経細胞を保護する)

これらは、マカに含まれる一部にすぎませんが、これだけでもさまざまな成分が含まれて
いることがわかりますね。

マカの効果

グッドサイン 女性
マカの効果で有名なのが、滋養強壮ですよね。しかし、その他にもさまざまな効果がある
と言われています。

・滋養強壮

マカの豊富な栄養素によって、元気になると言われています。特に男性に効果的とされますが、女性にも役立ちます。

・ホルモンバランス

マカに含まれるアミノ酸とミネラルが、女性ホルモンに似た働きをすると言われています。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンに似た働きをすることで、生理不順などの解消に役立つそうです。

・更年期障害

閉経をはさんだ10年間を、更年期と呼びます。更年期には、女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌量が著しく低下することから、さまざまな症状に悩まされます。

マカのホルモンバランスの乱れが改善する効果によって、更年期障害の症状も軽くなる可能性があると言われています。

・ダイエット

マカには、リパーゼやアルギニンといった、脂肪を分解してくれる成分が含まれています。そのため、効率的にダイエットを行いたい人にもおすすめです。

ダイエット中に不足しがちな栄養素も、高い栄養価をもつマカによって、補うことができるかもしれません。

・うつ

自律神経のバランスを整えることは、うつ病の予防にも役立ちます。

マカに含まれるビタミンB2は、神経の働きを正常に保つ役割を果たすことから、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

また、マカに含まれるトリプトファンは、セロトニンの材料にもなります。セロトニンは、精神を安定させたり、寝付きをよくしたり、やすらぎを与えることで知られており、うつ病の予防や低減が期待できるとされています。

・性欲

マカは、天然素材のバイアグラとしても知られています。その効果はバイアグラよりもゆるやかですが、性欲を高めたい人には便利なのではないでしょうか。

マカの効果的な摂取方法

マカは、粉末やサプリメントでとりいれるケースが多いですよね。

粉末は、牛乳やヨーグルトなどにそのままかけて摂取できるため、とても簡単です。

マカの有効成分を長く持続させたいのなら、朝御飯のときに摂取するのが良いと言われています。

また、夜であれば、成長ホルモンが活発化する22時~2時の間が良いとも言われていますので、取り入れやすい時間帯に摂取してみてはいかがでしょうか。

粉末の場合、1日に2~10gの摂取が推奨されているようです。

サプリメントも、長くマカを続けたい人に便利です。

持ち歩くことができて、いつでも飲める手軽さが魅力ですね。

サプリメントを毎日コツコツととりつづけると、一定量を継続して摂取できるため、無理なく続けることができます。

毎日摂取する時間を決めてしまうと、慣れれば習慣化することができて便利です。毎日欠かさずマカをとり続けたい人にとっては良いのではないでしょうか。

マカの副作用

鼻ニキビ
マカを摂取するにあたり、注意したいのが副作用ですね。

マカは天然のものではありますが、なかにはアレルギー症状がでる人もいるようです。

マカはアブラナ科の植物です。キャベツやカブなどの、アブラナ科のものにアレルギーがある人は、注意しましょう。

また、マカをとり過ぎると、下痢を起こすこともあります。1日の適正な摂取量を守って、かえって身体の負担にならないようにしましょう。

マカを摂取するとニキビができやすくなる人もいるようです。

これはマカによって男性ホルモンの分泌が活発になることが影響するようで、皮脂分泌も盛んになることから、ニキビができやすくなるそう。

ふだんからニキビに悩んでいたり、皮脂分泌が多い人は、様子を見ながら摂取した方が良さそうですね。

まとめ

今回はマカに含まれる成分や、その効果についてご紹介しました。

何となく男性の滋養強壮、あるいは性欲の改善といったイメージがあるマカですが、今回ご紹介した内容では、それ以上の栄養価や効果があることも知っていただけたのではないでしょうか。

漢方薬としてもとりいれられているマカは、男性だけでなく女性にも嬉しい効果が期待できます。

特にホルモンバランスが乱れがちな世代や、ダイエットをしたい人にも役立ちそうですね。

しっかりと栄養を蓄えて豊富な成分を含むマカは、夫婦揃って摂取しやすい点も魅力です。

副作用については今回ご紹介した内容や、購入したサプリメント等の説明欄にしっかり目を通すことをおすすめします。