自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

麦芽糖は小麦アレルギーでも大丈夫?原料から注意点まで詳しく解説

麦芽糖

小麦アレルギーの方は「麦芽糖」の文字にドキッとすることはありませんか?

原材料の表示を見ると麦芽糖と表示されていることがあり、小麦アレルギーの方のほとんどの方が避けるのではないでしょうか。

しかし、小麦アレルギーの方でもほとんど麦芽糖は問題ないとご存知でしょうか?

今回の記事では、小麦アレルギーの人が麦芽糖を摂取しても大丈夫なのか、について詳しく解説します。

麦芽糖は小麦アレルギーでも大丈夫?

アレルギー少年

麦芽糖は文字に「麦」の表記があるため、麦から作られているのではないかと思いますよね。

一昔前までは、確かに麦から作られていたのですが、最近では、ほとんど麦芽は使われていないようで、麦芽糖のほとんどが、トウモロコシやジャガイモなどのデンプンから作られているようです。

しかし、全てがトウモロコシやジャガイモではないため、成分表記に“小麦を含む”といった記載がないかチェックすることが大切です。

この表記がない場合であれば、小麦で作られたものではないので、小麦アレルギーの方でも安心して摂取することができます。

ただし、大麦にもアレルギーがある方は注意が必要です。

大麦はもともと記載義務が無いので、“小麦を含む”の記載がない場合でも大麦が入っていないかをしっかりと確認する必要があります。

当初は麦を原料として作られていたため「麦芽糖」という名前が使われるようになったのですが、現在のほとんどの麦芽糖はトウモロコシ由来なので安心して下さい。

そもそも麦芽糖とは?

麦芽糖とは糖類のひとつで、デンプンに麦芽を作用させることで得られたことから、この名前がつけられたのがはじまりです。

現在の麦芽糖はトウモロコシを原料にするのが一般的で、トウモロコシなどのでん粉から作られる糖アルコールの1種、マルトースとも呼ばれる化学成分です。

この麦芽糖は、ブドウ糖が2つ結合したもので二糖類に分類されます。

二糖類には、麦芽糖のマルトース、ショ糖のスクロース、乳糖のラクトースなどもあります。

砂糖などに比べてカロリーが少ないばかりか、血糖値の急激な上昇を起こさないなどの特性があり、ブドウ糖に分解されない麦芽糖は腸で吸収されない特徴があります。

麦芽糖の主な使用目的は、わずかな甘さをつけたり、スープを固まりにくくしたり、顆粒を作りやすくするなどのために用いられます。

小麦アレルギーとは?

小麦アレルギーは、卵や牛乳に次いで多いとされる食物アレルギーのことです。

IgE抗体が陽性の場合であっても、症状が現われないことが多いため、正確に診断するには食物経口負荷試験が必要です。

乳児期に発症した小麦アレルギーの3歳時点の耐性獲得率は63%で、6歳までに耐性を獲得しにくい因子としてアナフィラキシーショックの既往、アトピー性皮膚炎の合併、多種食物アレルギーなどがあります。

アレルギー表示の対象外食品とは?

アレルギー物質と類似している食品成分では、法的にアレルギー表示の義務が“ある”ものと“ない”ものがあります。

表示義務があるものには、
 

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • えび
  • かに

 
などがあります。

表示義務がないものには、
 

  • 魚卵、爬虫類卵、昆虫卵
  • 大麦、ライ麦、えん麦、はと麦等
  • 山羊乳、めん羊乳等
  • しゃこ類、あみ類、おきあみ類

 
などがあります。

表示義務がないものに対してアレルギーがある方は、食品に該当するものが含まれていないかをしっかりと確認する必要があります。

麦芽糖は「小麦を含む」の表記がなければ大丈夫?

麦
現在の食品に含まれる麦芽糖は小麦を原料としたものではありません。

主にとうもろこしやじゃがいものでん粉を主原料としているので、小麦アレルギーの原因になることはありません。

しかし、100%必ず大丈夫とは言い切れないので、食品類に「小麦を含む」の表記がないかだけ必ずチェックするようにして下さい。

この表記がなければ小麦は入っていないので、小麦アレルギーの方でも安心してカラダに摂り入れることができます。

アレルギー表示を確認すれば安心

小麦アレルギーの方は、アレルギー表示を確認してから購入することでアレルギー反応を起こすリスクを無くすことができます。

アレルギー表記は義務化されているため、食品類に小麦が使われている場合は必ず記載しなければいけません。

小麦は、パンをはじめとし、スパゲティ、うどん、麺類、餃子の皮、お菓子、麩、調味料などといった、さまざまな加工食品に使われています。

特定原材料として表示が義務づけられていますので、何度も言いますが、食品表示を確認してから購入するようにして下さい。

また、海外輸入品などの場合は、EUやアメリカ等における「グルテンフリー表示」と、日本の「アレルギー表示」とは基準が異なるので注意が必要です。

グレンフリー表記には、小麦が含まれていないとはされていますが、しっかりと製造元に確認するようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、小麦アレルギーの方でも麦芽糖を摂取しても良いのかについて詳しく紹介してきました。

麦芽糖の名前の由来は、もともと麦から作られていたので麦の表示がありますが、現在の麦芽糖のほとんどがトウモロコシやジャガイモを原料としたものです。

日本国内では、小麦を含む商品には必ず「麦を含む」表記を記載しなければいけない義務があるので、表記が無ければ安心してカラダに摂り入れることができますよ。