自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

更年期障害が起こる年齢とは?症状・治療法まで詳しく解説

医者 説明

年齢を重ねると現れ始める更年期障害は、閉経をはさんだ前後10年間に見られる症状。

日本人女性だと早い方で40代から生理不順がみられるようになり、45歳を迎えるころに閉経する人が現われはじめます。

今回の記事では、更年期に見られる更年期障害と年齢の関係性について詳しく解説します。

更年期の年齢とは?

更年期 年齢

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と深い関係があります。

女性の場合、小児期が過ぎると、12歳頃に初潮を迎える思春期を迎え、20歳から45歳くらいまでの姓成熟期、50歳前後の更年期、55歳過ぎの老年期を迎えます。

一般的に言われている更年期はこの50歳前後の約10年間でこの間にさまざまな不快な症状が現われはじめるのです。

エストロゲンは8~9歳頃から卵巣で分泌されはじめ、その分泌量は30代半ばにピークを迎えるのですが、その年代を過ぎると、卵巣機能が低下しはじめて、エストロゲンの量が徐々に減っていきます。

40代半ばからは急激にエストロゲンが減少することから、体がその変化についていけず、「更年期障害」が起こり始めるのです。

年齢による更年期、不調の原因

更年期 女性

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分です。

この下垂体は、40歳半ばを過ぎるころから、下垂体が「分泌」の命令を行っても、卵巣機能が衰えてしまったことによってエストロゲンの分泌量が少なくなってきます。

エストロゲンがしっかりと分泌されないため、なんども分泌をさせるように命令を送るのですが、分泌量は増えない為、脳が混乱状態になってしまいます。

そうすると視床下部は自律神経のコントロールを正常に行うことができなくなり、体にさまざまな症状が不調として現れ始めるのです。

更年期障害の症状

更年期 女性 体調

年齢を重ねると誰もが更年期を迎えます。

しかし、その間に「更年期障害」の不快さを感じるかには個人差があり、症状もさまざまです。

全く不調などを感じずに過ごせる方も居れば、日常生活に支障がでるほど苦しんでしまう方もいます。

この更年期障害には、「身体的症状」と「精神的症状」、「その他症状」があります。

不定愁訴に属する症状が多く、その強弱は主に、精神的要素が関与しているとされています。

この時期は空の巣症候群や仕事・家事などでのストレスを抱えやすいことも原因とされています。

エストロゲンの欠乏は多くの症状に関与するのですが、特に「身体的症状」への影響が強いとされています。

身体的症状

身体的症状は、「血管運動神経症状」とも呼ばれ

  • ・のぼせ
  • ・ほてり(ホットフラッシュ)
  • ・頭痛
  • ・めまい
  • ・全身倦怠感(だるさや疲労感)
  • ・異常発汗
  • ・動悸、眩暈

以上のような症状が現われる特徴があります。

精神的症状

更年期障害での精神的症状には

  • ・情緒不安
  • ・イライラ
  • ・不快感
  • ・抗うつ
  • ・不眠
  • ・頭重感
  • ・無気力

以上のものがあります。

その他症状

更年期障害で起こるその他の症状には、 腰痛や関節痛などの「運動器症状」、嘔気や食欲不振などの「消化器症状」、皮膚乾燥や掻痒感などの「皮膚粘膜症状」、排尿障害や頻尿、性交障害、外陰部違和感などの「泌尿生殖器症状」などがあります。

どの症状も発現頻度には個人差があり、日本人の多くは、肩こりや疲労感、頭痛、のぼせ、腰痛、発汗異常の症状が多いと言われています。

年齢による更年期障害の治療

更年期 治療

更年期の症状が重くなり、日常生活に支障をきたすようになると、病院での治療が必要となる更年期障害へと発展してしまいます。

更年期障害の治療では、頭痛には鎮痛剤、下痢や便秘には整腸剤など、それぞれの症状に対する薬物療法を行うのが一般的です。

また、症状が強い人には、女性ホルモンを補う女性ホルモン補充療法(HRT)を行うこともあります。

これは更年期に減少してくる女性ホルモンを外から補充することで、体の急激な変化を防ぐ治療法です。

個人差のある更年期障害は、このように決まった治療方法があるのではなく、その人の症状に合わせて治療が行われます。

また、サプリメントなどの健康食品を用いて、症状を緩和させるなどの方法もあります。

更年期障害をサプリで緩和

更年期 サプリメント

更年期障害は個人差が大きく、いつ始まるか、どのくらい続くかもまちまちです。

治療にはビタミンやホルモンの投与・注射などがありますが、にんにく注射などもあります。

そのため、良質なにんにくを多く配合したサプリメントや体内では作り出すことができない“必須アミノ酸”が多く配合された黒酢サプリメントが更年期障害の緩和に役立つとされています。

更年期障害を漢方で緩和

更年期 漢方

漢方の古典「黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)」では、女性は7年ごとに節目があり、体や心に変化が起こるとされています。

これによると東洋医学の考えも、西洋医学での考えと同じで、ちょうど更年期にあたる年代が、女性の年齢による体の変化が現れやすいということがわかります。

漢方では、「気・血・水(き・けつ・すい)」から不調を探っていき、更年期に現れるさまざまな不定愁訴は、気・血・水のうちの、気や血の不調から来ていると考えられています。

このようなことから、更年期の症状に有効とされ用いられる漢方薬には、

  • ・加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • ・温経湯(うんけいとう)
  • ・五積散(ごしゃくさん)
  • ・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • ・温清飲(うんせいいん)
  • ・当帰薬散(とうきしゃくやくさん

などがあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、更年期に見られる更年期障害と年齢の関係性について詳しく解説してきました。

更年期は誰もが迎えますが、更年期障害そのものは、個人差がある症状なのでまったく症状を感じない人から日常生活に支障をきたすような重い症状が現われる人もいます。

もし体に違和感を感じるようであれば、早い段階でサプリメントなどを活用して重い症状にならないようにして下さい。