自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

ナイアシンの副作用とは?効果から欠乏症まで詳しく解説

ナイアシンに副作用はあるのでしょうか?

ナイアシンはニコチン酸、ニコチンアミドの総称で、ビタミンB3としても知られています。

ナイアシンは人体において重要な役割のあるビタミンですが水溶性で、体内に蓄積されないため、毎日摂取する必要があるものとされています。

今回は、カラダに必要なナイアシンに副作用はあるのかについて紹介します。

ナイアシンとは?

ナイアシン

ナイアシンは、水溶性のビタミンB群のひとつで、ビタミンB3です。

魚類、肉類、まいたけ、干ししいたけ、ピーナッツなどに多く含まれています。

ナイアシンには、糖質や脂質、タンパク質からエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する働きがあり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける重要な役割から、細胞の増殖や代謝の正常化、アルコールの分解、血中のコレステロールや中性脂肪の減少作用、エネルギー産生、アレルギー症状・高血圧などの改善などの作用もあります。

ナイアシンの働きとは?

補酵素NADとNADPは、窒素原子を1個含む6員環含窒素芳香族化合物であるピリジン誘導体にリボースが結合しているため、ピリジンヌクレオチドと呼ばれるのですが、ナイアシンは、主にこのピリジンヌクレオチド(NAD、NADP)の形で存在します。

ナイアシンを含む多くの食品類は、調理や加工する際に分解されてしまい、動物性食品ではニコチンアミド、植物性食品ではニコチン酸になります。

また、野菜やお刺身などの生の食品を摂取した場合は、ピリジンヌクレオチドは消化管内で分解されてニコチンアミドとなります。

食品によってナイアシンの分解率や吸収率は異なってきますが、このニコチンアミドやニコチン酸は小腸から吸収されます。

ニコチン酸やニコチンアミドは、糖質、脂質、タンパク質の代謝、エネルギー産生に役立ちます。

ナイアシンに副作用はある?

女性 疑問

ナイアシンなどのビタミンB群は、水に溶ける水溶性なので多めに体に摂り入れたとしても不必要な分は汗や尿となり排出されます。

そのため、治療による薬の投与など以外に普通の食生活においては過剰摂取になるようなことはほとんどありません。

とはいえ、ナイアシンの過剰摂取による副作用は、ナイアシンクラッシュとも呼ばれ、顔が赤くなったり、痒くなったりする他に、胃腸障害、肝毒性、消化性潰瘍の悪化などの副作用が認められています。

しかし、これらの副作用は、一時的なものでナイアシンが体外に排出されることや服用をやめることですぐに治まるので危険性はほとんどありません。

ナイアシンの一日の摂取量

ナイアシンの1日の摂取量は、性別や年齢によって異なります。

ナイアシンは、エネルギーの代謝に関係するビタミンなので、推定平均必要量はエネルギー1,000kcalに対し4.8mgとされています。

もう少しわかりやすく説明すると

男性の
18歳から49歳までは15mg~350mg
50歳から69歳までは14mg~350mg
70歳以上が13mg~350mg

女性の場合だと
15歳から17歳までが13mg~250mg
18歳から29歳までが11mg~250mg
30歳から49歳までが12mg~250mg
50歳から69歳までが11mg~250mg
70歳以上の女性で10mg~250mg

が目安となっています。

女性はエネルギーの代謝量が年齢によって変化しやすいため、1日のナイアシン摂取量もこまかくわかれてきます。

ナイアシンの主な効果

ナイアシンの主な効果には、「精神と睡眠を安定させる」効果と「脂質の代謝の促進(ダイエット効果)」効果があります。

ナイアシンには、神経伝達物質の一種で天然の精神安定剤といわれる「セロトニン」の効果を上げる作用があるため、体内に摂り入れることで精神を安定させて、睡眠などの生体リズムを形成するホルモンのメラトニンを生合成する働きがあります。

また、ナイアシンは体を構成する細胞膜の正常化にも役立ちます。
体のを構成している細胞は細胞膜で覆われているのですが、活性酸素により細胞膜内の脂肪酸を酸化され過酸化脂質を形成し動脈硬化、心筋梗塞、癌、アトピーや老化の進行などといった、さまざまな病気や疾患の原因となります。
この細胞内に蓄積してしまった過酸化脂質は、ナイアシンを利用することで水とアルコールに分解されます。
さらに、ナイアシンを摂取することで中性脂肪やコレステロール値が低下するためにも役立ちます。

また、悪玉コレステロール(LDL)の増加を防ぎながら、善玉コレステロール(HDL)も増やしてくれるので、太りにくい体を作りながらさまざまな病気や疾患の予防にもなります。

ナイアシンが不足すると?

頭痛 女性

ナイアシンが体内から欠乏すると、めまい、頭痛、皮膚炎、抑うつ症、口舌炎、食欲不振、下痢、胃痛、神経痛、無気力、不眠症、神経症、認知症、小児の場合の成長障害、ペラグラといったさまざまな症状の原因となります。

タンパク質100gに対して、アミノ酸トリプトファンが1g含まれていて、約16mgのナイアシンが生成されるので普通の食生活をおくっている方であれば欠乏症になるようなことはまずありません。

しかし、食事制限などのダイエットを行っているような方は注意が必要なので無理なダイエットは控えるようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、カラダに必要な成分、ナイアシンに副作用はあるのかについて紹介してきました。

ナイアシンなどのビタミンB群は、水に溶ける水溶性なので多めに体に摂り入れたとしても不必要な分は汗や尿となり排出されるため、治療による薬の投与など以外で、普通の食生活においては過剰摂取になるようなことはほとんどないと言えます。

また、カラダに摂り入れることで、「精神と睡眠を安定させる」効果や「脂質の代謝の促進(ダイエット効果)」効果を得ることができるので積極的に摂り入れるようにしましょう。