自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

大豆の驚くべき効果とは?健康・美容に役立つ栄養素が豊富な理由

大豆 美容02

大豆には優れた健康効果があることは有名ですよね。

植物性の食品のなかでもタンパク質を多く含む食材で畑の肉とも呼ばれているほど健康維持に役立つ食材です。

しかし、具体的にどのような効果があるのかご存知でしょうか?

今回の記事では、大豆の驚く効果について詳しく解説します。

大豆の効果を引き出す栄養素

大豆 食べ物

大豆にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

大豆(乾燥)100g中には、約33gのたんぱく質に約29gの炭水化物、約22gの脂質、約12gの水分が含まれています。

大豆のたんぱく質には、必須アミノ酸がバランスよく含まれ、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があります。

他にも、健康な体をつくるのに必要な栄養素の食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれているのも関わらず、コレステロールを全く含んでいない特徴もあります。

また、大豆に含まれる成分はこれだけではありません。

コレステロールを低下させる作用のある大豆レシチン、ビフィズス菌を増殖させる作用のあるオリゴ糖、抗酸化作用のある大豆サポニン、骨を強くしたり更年期の不調を改善したりするイソフラボンなど、多くの機能性物質も含まれているのです。

大豆はなぜ「畑の肉」なのか?

大豆が畑の肉と呼ばれるのにはそれなりの理由があります。

大豆は栄養価が高く、特に「たんぱく質」が豊富なのが特徴です。

たんぱく質は私たち人間の体を作り、生きていくためには必要な栄養素で。

大豆にはその栄養素であるたんぱく質が100g中に約33gも含まれています。

また、大豆のたんぱく質は含まれている量だけではなく、“良質”であることも畑の肉と呼ばれるきっかけとなったひとつとされています。

そして、人間の体の中では作り出すことのできない必須アミノ酸が多く含まれており、野菜や穀物よりも肉に近いたんぱく質であることから畑の肉と呼ばれるようになったのです。

ちなみにアメリカでは大豆のことを“大地の黄金”と呼んでいます。

大豆の健康への効果

大豆 健康

大豆は、良質なたんぱく質の源です。

毎日適度なたんぱく質を摂取することは、健康を維持するうえでとても重要なことです。

大豆を摂ることで得られる健康効果には、

  • ・免疫力を高める
  • ・女性ホルモンの分泌低下を抑制する
  • ・PMS(月経前症候群)の緩和
  • ・生理不順改善

このような効果が期待できます。

免疫力を高める

大豆を発酵させるとイソフラボンの分子の表面についている糖の鎖が切れて、「アグリコン」という分子に変化します。

この「イソフラボンアグリコン」には、免疫力の増加作用があり、ガン細胞の増殖を抑える効果も期待できます。

この効果は、ガン治療の放射線による免疫低下を防ぐ作用もあり、抗菌作用にも優れていることで知られています。

女性ホルモンの分泌低下を抑制する

大豆に豊富に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た構造をしています。

イソフラボンは、大豆のフラボノイドの一種で、植物エストロゲンともいわれ、女性ホルモンの分泌が低下したときに摂取すると、ホルモンの代わりに作用する働きがあります。

イソフラボンは大豆の中ではゲニステイン、ダイゼインの形で含まれていますが、これらの成分には活性酸素を消去する抗酸化作用もあります。

PMS(月経前症候群)の緩和

PMS(月経前症候群)とは、月経開始の3~10日前程から始まる、憂鬱やイライラなどの「精神的症状」、頭痛や肩こり、肌荒れなどの「身体的症状」で、月経の開始と共に症状が治まっていく特徴があります。

月経がある女性の80~90%に起こる症状でもあるのですが、この様な症状に大豆のもつイソフラボンが作用し、女性ホルモンの働きを助けるのでPMSの改善効果が期待できます。

生理不順の改善

生理不順は、ホルモンバランスが乱れることで起こります。

正常な生理周期は25~38日で、期間は1週間程度と言われているのですが、女性の体はとても繊細で、ホルモンバランスの影響を受けやすいため、体へストレスなどを感じるとホルモンバランスが乱れ生理不順などの不調を起こしてしまいます。

このような生理不順にも大豆の持つ栄養素は改善する効果を発揮してくれます。

大豆の美容への効果

大豆 美容

大豆は体への健康効果以外にも、女性にうれしい美容効果も期待ができます。

主な美容効果は、

  • ・育毛効果
  • ・美肌効果
  • ・老化防止効果

などがあります。

育毛効果

抜け毛や薄毛の原因は、男性ホルモンだけでなく女性ホルモンの作用も関与されていると考えられています。

そういった、抜け毛や薄毛にも大豆イソフラボンは効果的とされてさまざまな研究が進められています。

大豆の持つ栄養素が、育毛を促進し抜け毛や薄毛を防止に期待できるのです。

美肌効果

大豆に含まれるイソフラボンには美肌効果があることは有名ですが、それには2つの理由があります。

1つめは、エストロゲン様作用による美肌効果で、エストロゲンにはもともと、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して肌をなめらかに美しく保つ働きがあります。

そのため、イソフラボンを摂取することで、エストロゲン不足を補い、美肌効果が得られるのです。

2つめは、イソフラボンの抗酸化作用による美肌効果があります。

紫外線やストレスなどを蓄積してしまうと、体内に発生する活性酸素が肌の細胞を刺激してしまい、コラーゲンが酸化・分解されて、肌のみずみずしさやハリが失われてしまいます。

イソフラボンには、抗酸化作用があるので、体内へ摂取することで、コラーゲンの分解を抑制し、美肌効果が得られるのです。

老化防止効果

ポリフェノール類のひとつであるイソフラボンには、老化防止、アンチエイジング効果もあります。

イソフラボンを摂取することで、加齢による老化現象を限りなく小さくし、老化速度を緩める効果が期待できるのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大豆の驚く効果について詳しく解説してきました。

大豆には良質なたんぱく質をはじめ、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養から美容や健康に役立つイソフラボンまでが多く含まれています。

身体を健康や美肌を保つためにも、毎日の食事に、大豆製品を1品プラスしてみてはいかがでしょうか。