自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

耳鳴りとビタミンの関係を解説。ビタミンB12が効果あり!

ビタミン

耳鳴りでビタミン剤が処方されることはご存知でしょうか。

特に「ビタミンB12」がよく処方されています。

赤いヒートに入っているメチコバールという名前を効くと「飲んだことがある!」と思い出す方も多いのではないでしょうか。

今回は、耳鳴りになぜビタミンがいいのか見ていきます!ぜひ参考にして下さいね。

耳鳴りについて簡単におさらい!

耳を抑える女性

まずは耳鳴りについておさらいです。

耳鳴りとは、一般的に周囲に音源がないのに「キーン」「ジー」という音が本人しか聞こえないことを言います。

不快や苦痛を伴い、ストレスや過労、寝不足、さらに耳自体のトラブルなどが原因で起こります。

耳鳴りの原因についてはこちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみて下さいね。

耳鳴りとビタミンB12の関係は?

耳鳴りで病院を受診して検査をするとビタミン剤である「ビタミンB12」を処方されることが多いです。

ではなぜビタミンB12が処方されるのでしょうか?

それはビタミンB12が「神経を正常に機能させるために不可欠なビタミン」だからです。

ビタミンB12は

  • ・細胞の合成にかかわっている
  • ・ヘモグロビンの合成にかかわっていて貧血を改善する
  • ・末梢神経の修復にかかわり痛みやしびれを改善する

このような効果があります。

耳鳴の多くは、内耳にある音を感じている感覚細胞の障害によることが多いようです。

耳鳴りは内耳でなんらかのトラブルがおきていることが多いため、ビタミンB12により末梢神経を修復することによって、内耳のトラブルを抑え耳鳴りを改善するというものです。

まずは耳鼻科の受診を!

指を立てる医者
近年「耳鳴り外来」というものが増えてきていているようです。

一例ですが検査方法として下記があります。

  1. 1.耳鼻咽喉科医師によって問診と、外耳や中耳、鼓膜の診察
  2. 2.言語聴覚士が難聴があるかどうか、またどのくらい難聴が進んでいるかを確認
  3. 3.その後、言語聴覚士が耳鳴りの検査をして種類や、音圧(周波数)検査

検査をして内耳の聴覚の部分に問題があるとわかった時に、様々な薬が処方されますが、同時にビタミンB12が処方されるうことが多いようです。

処方された薬は医師の指示に従ってしっかり飲むようにしましょう。

耳鳴りは、長期化する多く、薬では効果を感じづらいという人も多いです。ですが、しっかり医師と連携を取りながら完治させましょう。

また完治には早期受診も大切です!

聴覚神経の治療にビタミンB12が効果あり!まずは原因を突き止めることが大切!

今回は耳鳴りとビタミンについてご紹介しました。

耳鳴りが起こるとビタミンの中でも「ビタミンB12」がよく処方され、末梢神経の修復を促し、耳鳴りに効果があるといわれています。

ですが、自己判断でビタミン剤を飲むのではなく、まずは耳鳴りの原因を突き止めることが大切です!早い段階で、耳鼻科をを受診しましょう。

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。