自然とともに、あなたとともに。 自然とともに、あなたとともに。 カートを見る ご質問・問合せ

お酢と黒酢の違いとは?健康維持に効果的な理由を詳しく解説

黒酢

お酢と黒酢の違はなに?と、疑問に思ったことはありませんか?

お酢と言えば、中華料理などで欠かせない調味料で、さまざまな料理に使われています。

また、黒酢は江戸時代より親しまれてきた元気の源とも言われる食材のひとつで、黒酢も同様に昔から調味料として使われてきました。

今回の記事では、お酢と黒酢の違いについて解説します。

お酢と黒酢の違いとは?

まず、お酢と黒酢の違いといえば、見てすぐにわかる「色」ですよね。

普通のお酢は、薄い黄色であるのに対して、熟成された黒酢の色は、琥珀色をしているのが特徴です。

この色の違いは、原料や製造法が異なることによって生じます。

現在、使われている食酢のほとんどは、穀類や果実野菜などを原料として酢酸発酵させて製造した醸造酢と呼び、米、大麦などの穀類を使用したものが穀物酢果実を使用したものを果実酢と呼びます。

穀物酢には主に、米酢米黒酢大麦黒酢などがあり、果実酢には、りんご酢ぶどう酢果実黒酢などがあります。

黒酢は、農林水産省の規格(JAS)に基づいて1Lにつき180g以上の玄米を使用し発酵・熟成させた「米黒酢」と、大麦だけを使用して同様に発酵・熟成させた「大麦黒酢」などがあります。

米黒酢は酸味が強く、大麦黒酢はさっぱりとした味わいなのが特徴です。

他にも、バルサミコ酢などもあり、イタリアの黒酢と呼ばれているイタリア料理に欠かせない高級調味料としても知られています。

黒酢の成分とは?

化学
黒酢はメディアや雑誌などでも多く紹介されている注目の健康維持食品です。

そんな黒酢にはどのような成分が配合されているのでしょうか。

黒酢には、食事ではなかなかバランス良く摂取することのできない必須アミノ酸から酢酸、有機酸、ビタミンB郡やミネラルなどが他のお酢に比べて多く含まれています。

黒酢は、熟成している分、健康維持に役立つ魅力的な成分が豊富に含まれている特徴があります。

体にうれしい黒酢の効果とは?

他のお酢に比べて健康維持に役立つ成分が豊富に含まれている黒酢にはどのような効果があるのでしょうか。

黒酢を摂取することで得られる効果には、

  • ・疲労の回復
  • ・ダイエット効果
  • ・美肌効果
  • ・血糖値を下げる

などがあります。

疲労の回復

黒酢には、私たちの身体に欠かせない成分のアミノ酸が豊富に含まれています。

黒酢のアミノ酸は一般的なお酢と比べて約4.5倍と言われ、更に酸っぱさの元となるクエン酸や酢酸も豊富に含まれているため、疲れた体を癒す疲労回復効果があると言われています。

疲れを感じる原因物質の一つとして乳酸がありますが、黒酢に含まれるクエン酸や酢酸には、乳酸を分解する働きがあります。そのため、黒酢には疲労回復効果が得られると言われています。

また、黒酢に豊富に含まれるアミノ酸は、肝臓の機能を高める働きがあるため、体内に入ったアルコールの代謝をはやめて分解を促進する効果があるので、二日酔いや二日酔い予防にも最適です。

ダイエット効果

ダイエット女性
黒酢には、アミノ酸とクエン酸が豊富に含まれているため、体に摂り入れることで脂肪の燃焼を促進させる効果が期待できます。

この二つの栄養素は、基礎代謝を活発にさせるので、運動によるダイエット効果を高めてくれるのです。

また、アミノ酸には、体脂肪を分解する酵素のリパーゼを働かせる作用があるので、体脂肪の分解効率を高めます。

美肌効果

黒酢には、D-アミノ酸という体内で生合成されにくい希少なアミノ酸が含まれています。

このD-アミノ酸は、「美容アミノ酸」とも言われている美容・美肌効果の期待できるアミノ酸です。

加齢とともに減少するD-アミノ酸を吸収することで、コラーゲン生産促進効果真皮の繊維芽細胞の活性化作用が期待できます。

また、黒酢の成分に含まれる有機酸が腸内環境を整えながら、便秘や下痢の改善につながり肌荒れやニキビ予防にもつながります。

血糖値を下げる

黒酢に含まれる主成分の酢酸には、血圧を下げる働きがあるので、高血圧を防ぐのにも最適な成分です。

また、黒酢には血糖値を下げる効果もあるので、糖尿病予防などにも効果があります。

積極的に黒酢を摂り入れよう

黒酢は他のお酢に比べても栄養価の高い豊富なアミノ酸を含んだお酢です。

一般的なお酢と違い、熟成してつくられた黒酢は、食事から摂取しづらい栄養素がたくさん含まれているため、健康維持に非常に役立ちます。

独特な風味や旨味、コクはさまざまな料理との相性も抜群です。

健康維持のためにも、食事に黒酢を摂り入れてみてはいかがでしょうか。

記事執筆・監修

大久保 愛

アイカ製薬株式会社 代表取締役

大久保 愛

漢方薬剤師/国際中医師/国際中医美容師
幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強をし、のちに薬剤師となる。
その後、体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容を学ぶ。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として商品開発・医療ジャーナリスト・企業コンサルなどを行う。