花菜

自然とともに、あなたとともに。 0120-8739-02 カートを見る ご質問・問合せ

今月の薬膳

春が訪れました。柔らかな日射しが心地よく感じられますが、
体は冬の寒さで痛みが残っている状態です。
この時期は「酸」と「苦」を意識した薬膳で、
しっかり体をケアして元気に春を楽しみましょう。

春の陽気に誘われて冬眠していた虫が穴からゴソゴソ。それだけではありません。
一緒にフキノトウやフキ、タケノコなども土の中から勢い良く芽を出します。
昔から「春は苦いものを食べると体に良い」という言い伝えがあるように、五味調和でもこの時期のポイントは「苦」材。
冬の寒さで腎に関係する「鹹」が痛んでいるせいで相克にあたる「苦」の心臓や小腸も弱っています。
ケアしてくれるフキノトウなどの「苦」材には、
ミネラルやポリフェノールなど細胞を活性化させる成分が豊富にふくまれているので、積極的に摂りたいものです。
また、暖かな日が増えて、体が動きはじめると肝臓の負担も大きくなります。
肝を司る「酸」を習慣的に摂り、労ってあげてください。

春野菜の煮もの

春野菜の煮もの

「苦」の薬膳で心臓や小腸のケアを。

材料

タケノコ、フキ、出し(イリコ、昆布)、粗糖、薄口醤油、きび酢、片栗粉、揚げ油 それぞれ適宜

作り方

①フキは茹でて皮をむく。タケノコは米のとぎ汁で茹でて食べやすい大きさに切る。
②タケノコは素揚げにする。
③出しに粗糖、醤油、きび酢で味付けして「②」とフキを炊く。
④炊きあがったら最後に水溶き片栗粉を回しかける。

椿の寒天

椿の寒天

味だけではなく、目でも楽しむ春爛漫。

材料

棒寒天、小さい椿の花(ツツジの花でも可)、粗糖
〔ソース…練り胡麻、炒り胡麻、きび酢、粗糖、味噌〕
〔添えものの白菜巻き…白菜、小松菜、人参〕それぞれ適宜

作り方

①棒寒天を溶かして粗糖を少々加え、製氷皿に流し込んで椿の花を入れる。固まったら製氷皿から取り出し、食べやすい大きさに切る。
②ソース:ソースの材料を混ぜ合わせる。
③白菜巻き:白菜、小松菜、人参を茹でる。白菜を広げて巻き寿司の要領で人参、小松菜を芯にして巻いて、2cmぐらいの長さに切る。
④それぞれソースをつけていただく。

セロリと新玉ネギの中華風酢のもの

セロリと新玉ネギの中華風酢のもの

肝を労る「酸」も工夫して食卓に。

材料

セロリ、新玉ネギ、海塩、粗糖、きび酢、胡麻油 それぞれ適宜

作り方

①セロリは薄く、新玉ネギは千切りにして海塩でもむ。
②「①」に粗糖ときび酢を入れて混ぜ、最後に胡麻油を落とす。

薬膳コラム

分量表示の「適宜」には理由が…。
郷田さんのレシピには「適宜」という分量表示が多いと感じませんか?実は、これには理由があるそうです。表示分量に頼りがちになると、自分なりの味の工夫がなくなってしまいがちです。「適宜」は自分で味のイメージを膨らませ、考える機会をつくるためなのです。 塩分や糖質など食事制限がある方も、たし算や引き算をしながら、味のコントロールをしてくださいね。
郷田 美紀子
郷田 美紀子
■プロフィール
ごうだ みきこ/1948年生まれ。 家業である「郷田薬局」の管理薬剤師、百姓。薬局の隣に設けた「薬膳茶房オーガニックごうだ」で病気を薬だけではなく、「五味調和」の考え方を用いた食事で治すことを実践。2009年には宿泊施設「綾ビオスヴィレッジごうだ」をオープン。