花菜

自然とともに、あなたとともに。 0120-8739-02 カートを見る ご質問・問合せ

今月の薬膳

今年のカレンダーがあと1枚になりました。
日に日に寒さを増すこの時期、免疫やホルモンバランス、
骨髄に関係のある「腎」が痛みやすくなっています。
「鹹」「辛」「甘」の食材を中心に、腎のケアを心がけましょう。

里芋の甘酢あんかけ

里芋の甘酢あんかけ

お芋の中でも里芋は別格!気管支のケアにも活躍。

材料

里芋、人参、粗糖、醤油、きび酢、片栗粉、揚げ油 それぞれ適宜

作り方

①里芋は皮を剥かずにきれいに洗って水気をキッチンペーパーなどで拭き取っておく。②甘酢あんをつくる。粗糖、醤油、きび酢を鍋に入れてよく混ぜてから火にかける。加熱したら水に溶いた片栗粉を少しずつ流し入れ、木べらなどで混ぜる。③①を米油で5分以上素揚げする。④人参は適当な大きさに切ってゆがいておく。⑤素揚げした里芋に甘酢あんをかけ、茹でた人参を添える。

根菜の豚汁

根菜の豚汁

「鹹・辛・甘・苦」を揃えた理想的なバランス食。

材料

豚肉、昆布、里芋、人参、レンコン、ゴボウ、生姜、味噌、小ネギ それぞれ適宜

作り方

①里芋は皮を剥いて茹で溢しておく。人参、レンコン、ゴボウは食べやすい大きさに切る。生姜は千切りにする。②ネギは小口切りにする。③鍋に水を入れて昆布、豚肉、①を入れて煮る。④具材が煮えたら火を止めて味噌を溶く。椀によそって小ネギを散らす。

ドラゴンフルーツとリンゴの漢方デザート

ドラゴンフルーツとリンゴの漢方デザート

「甘」のフルーツに「辛」の香辛料をプラス。

材料

リンゴ、ドラゴンフルーツ、米油(揚げ油)、海塩、ブラックペッパー、シナモン それぞれ適宜

作り方

①リンゴは櫛形にカットする。ドラゴンフルーツは食べやすい大きさにカットする。②①を素揚げして海塩を振る。③ドラゴンフルーツにはブラックペッパーを振りかける。リンゴにはシナモンを振りかける。

薬膳コラム

分量表示の「適宜」には理由が…。
郷田さんのレシピには「適宜」という分量表示が多いと感じませんか?実は、これには理由があるそうです。表示分量に頼りがちになると、自分なりの味の工夫がなくなってしまいがちです。「適宜」は自分で味のイメージを膨らませ、考える機会をつくるためなのです。 塩分や糖質など食事制限がある方も、たし算や引き算をしながら、味のコントロールをしてくださいね。
郷田 美紀子
郷田 美紀子
■プロフィール
ごうだ みきこ/1948年生まれ。 家業である「郷田薬局」の管理薬剤師、百姓。薬局の隣に設けた「薬膳茶房オーガニックごうだ」で病気を薬だけではなく、「五味調和」の考え方を用いた食事で治すことを実践。2009年には宿泊施設「綾ビオスヴィレッジごうだ」をオープン。